腕時計の誕生

腕時計は現在私達の生活にすっかり定着しています。そして私達の生活にすっかり無くてはならない存在になった感が有ります。現在これを御覧の皆さんも、一つか二つは必ずや腕時計をお持ちなのではないでしょうか。ところでそんな腕時計の歴史は一体どのようなものになっているのでしょうか。私達の生活に欠かせない腕時計は、一体どのように発展してきたのでしょうか。ここではそんな腕時計の歴史について振り返っていきたい、と思います。

ところで腕時計は一体何時頃誕生したのでしょうか。腕時計は何時私達人類の目に触れるようになったのでしょうか。腕時計の本場と言えばスイスです。腕時計の最古の記録はそのスイスのジュネーブの時計商(ジャケ・ドロー・アンド・ルショー)の1790年のカタログに記載された物である、と言われています。となれば今から二百年以上前のことになります。そして世界には現存する最古の腕時計が有ります。その現存する最古の腕時計とは、パリの宝石商が1806年に製作した、時計を中に組み込んだエメラルドのブレスレットである、とされています。厳密に言えば最古の時計は、腕時計と言うよりも寧ろブレスレットだったのです。そして1810年には、時計細工師であったブレゲが、欧州はナポリの王妃の為に、金髪と金で編んだベルトで腕に装着できる所謂卵型の腕時計を製作しています。これらがごく初期の腕時計なのです。ですがこのような事実を御覧になってお分かりのように、初期の腕時計は宝飾品として製作された例は以前から数多く有りましたが、その一方で初期の腕時計はその殆どが一点物であり、普及した腕時計は有りませんでした。腕時計は一部の上流階級の宝飾品であったのです。

それでは腕時計が大衆化、製品化の過程を辿ったのは、一体どのような出来事がきっかけだったのでしょうか。そもそも腕時計が製品化された契機は、軍からの需要でした。腕時計が製品として普及していったのは、懐中時計を片手にして砲撃のタイミングを計測していた砲兵が、手首に懐中時計をくくりつけて時計を使用する工夫をしたことから始まった、とされています。そしてドイツ軍がこのアイデアの製品化を時計メーカーに打診しています。1879年にドイツ皇帝のヴィルヘルム1世が、ドイツ海軍用としてジラール・ペルゴと言う職人に腕時計を2,000個製作させたという記録が残っています。初期には装飾品だった腕時計は、こうして製品として普及していくのです。

ジッポーに記念日を刻印すれば、贈り物にも使えます。あなただけのオリジナルジッポーを製作します。

以上が大体腕時計の草創期とも言える歴史です。次は初期の腕時計について紹介していきます。現在も有る世界的な腕時計メーカー・オメガは、世界に先駆けて1900年に腕時計を商品化し、そして1902年には腕時計の広告を打っています。しかし当時の腕時計は、女性用懐中時計の竜頭位置を横に変えて、そして革ベルトに固定しただけの代物でした。従って腕時計のデザイン的には今一つでした。そんな腕時計のデザインの無骨さから、この腕時計は一般に普及することは有りませんでした。その後腕時計専用のケースとムーブメント開発が行われるようになりましたが、当時はやはり依然として男性用の時計は懐中時計が主流でした。一方で腕時計は正式な存在とは見なされていませんでした。

『腕時計 誕生』 最新ツイート

@no007sai

高級腕時計もそうで一つの時計が誕生するにはそこには製造者の熱い想いなど物語があり、それを見聞きした人がそこにロマンなどを感じて購入するんだと思う。 男は特にそういう生き物だ。

31分前 - 2017年11月18日


@aya_0841

みつの誕生日はポールスミスの腕時計で決定ってことで(~ 'ω' )~ この間見に行った時にわいも あっ、これいいじゃんってなるレベルだったし

1時間前 - 2017年11月17日


@FootballBotman

ジョン テリーは以前フランク ランパードの誕生日に日本円で約100万円のロレックスの腕時計をプレゼントしました。

2時間前 - 2017年11月17日


recommend

最終更新日:2016/7/7